糖質制限中におすすめの外食チェーン

糖質制限中の外食チェーンのおすすめはココ!お店選びは超重要!

糖質制限中の外食

糖質制限中の食事はやっぱり自炊が最強なのですが、忙しいときはのんびり自炊をしている暇はないですよね。そんなときに頼りがちなのが外食だと思います。

 

もう時間もないからとりあえず外で食べとくかと思ったはいいけれど、糖質制限中はどこにいくべきなのか迷ってしまうかもしれません。自炊に比べると外食はカロリーや糖質が高いことがよくあります。

 

なので糖質制限中はどこで食べるのかを気にしておかないと、太る原因にもなりかねません。私もダイエットをはじめると食事に気を遣うようになったので、外で食事を取るときは本当に迷いました。

 

私の会社のそばにはチェーン店のお店が多いので、利用しやすい環境ではあるのですが、カロリーや糖質が多すぎる食事は避けたいと考えていました。そこでどこなら行きつけにしてもいいかいろいろ調べてみましたので、おすすめの外食チェーンをご紹介したいと思います。

 

家で食事を作る余裕がない方は要チェックです!

 

 

ファーストフードの気分のときは・・・サブウェイ

 

ファーストフードを食べ慣れている方だと無償にハンバーガーの濃い味が恋しくなってしまうときがあると思います。しかし基本的に糖質制限中にファーストフードを食べるのはあまりよくありません。

 

栄養バランスが悪いのカロリーや糖質が多いものがほとんどだからです。しかしファーストフードの中でもサブウェイだけは割とおすすめすることができます。

 

他のファーストフードと違ってこんな特徴があるからです。

 

  • 野菜のトッピングを増やせるので満足感を得やすい
  • たんぱく質がしっかり摂れる具材が選べる
  • 野菜がシャキシャキなので意外とよく噛む
  • ダイエット用にカスタマイズしやすい

 

サブウェイ

 

ヘルシーなイメージのサブウェイとはいえ、パンに挟まっているので糖質は40g〜50gほどあり高めではあります。ですが、野菜のビタミンやたんぱく質も摂れますし一つ食べると意外と満足感があります。

 

他のファーストフード店でハンバーガーを2、3個食べてしまうよりは、サブウェイのほうがバランスよく栄養を摂ることができます。

 

もしもっと糖質を減らしたい場合は、パン抜きのサラダにすることもできます。しかもサラダにすると野菜を通常の4倍にしてくれるという太っ腹なところもあるので、そんなに損している感じはないと思います。

 

ちなみにサンドイッチの場合でも、「上限まで増量」とオーダーすれば野菜を1.5倍から2倍くらいまで増やしてもらうこともできます。もちろんものすごくボリューミーなサンドイッチになるので、食べにくいですけどね(笑)

 

嫌いな野菜は抜いてもらうこともできますし、他のファーストフードより食べごたえはあると思います。こんなふうにある程度融通がきいて、カスタマイズができるところがいいんです。

 

野菜が多いので食べごたえはありますが、カロリーは低めなので腹持ちはそんなによくないのが難点ですかね。おそらく次の食事までに空腹感が強くなってしまうので、間食は何か用意しておきたいところです。

 

サンドイッチはやや糖質が高いので朝かお昼に食べることをおすすめします。経験上、多少糖質を多くとってしまっても夜に胃をからっぽにして寝ることができればそうそう太りません。

 

ただし、食べた後に強烈に眠くなったり、気だるい感じがする場合は糖質の摂りすぎサインなので調整が必要ですね。

 

サブウェイ

 

サブウェイおすすめメニュー
  • ローストビーフ
  • ツナ
  • たまご
  • ベジー&チーズ

このあたりは炭水化物40g以下でサブウェイの中では低いほうです!パンはウィートホワイトが比較的糖質が少ないので、少しでも糖質を削りたい方におすすめです。

 

私の場合は、好きなメニューを頼む代わりにパンをちょっと残したりして調整するほうがストレスがないのでそうしています!

 

お米が食べたい気分のときは・・・大戸屋またはおぼんdeごはん

 

糖質制限中に炭水化物を制限しすぎると反動でお米が食べたくなるときがありますよね。そういうときはドカ食いする前に定食を食べにいきましょう。

 

おすすめなのが大戸屋おぼんdeごはんです。どちらもお肉やお魚などたんぱく質をメインにしたお料理があるので、糖質制限中にはちょうどいいのです。

 

写真は大戸屋の四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食ですが、別料金でおかず単品の提供もしてくれます。融通が利く上に女性一人でも入りやすいので、糖質制限中の外食にとてもおすすめです!

 

大戸屋

 

主食も大戸屋は雑穀米に、おぼんdeごはんは五穀ひじきご飯に変更が可能なので、白米よりも低GIの主食が摂れます。(しかも大戸屋はご飯少なめにもできるので、なおよし!)

 

糖質制限中はカレーやオムライスなどご飯がメインとなる料理はなるべく避けて、定食を選びましょう。

 

こちらはおぼんdeごはんのカラスガレイの西京味噌チーズ焼きです。おぼんdeごはんは大戸屋よりも女性向けでカフェスタイルになっているのが特徴です。

 

見た目もキレイなので、視覚的な満足感もあるのが嬉しいところです。

 

おぼんdeごはん

 

大戸屋おすすめメニュー
  • 彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食(チキン2倍もある)
  • さばの炭火焼き定食
  • しまほっけの炭火焼き定食
  • 炭火焼きビフテキ定食
  • 塩葱だれの炭火焼きチキン定食
  • もろみチキンの炭火焼き定食(チキン1.5倍もある)

このあたりのメニューはとてもたんぱく質が多いメニューなのでダイエット向きです。とはいえ自炊に比べると糖質量が多くなりがちなので、ご飯を少なめにするなどの工夫をしましょう。

 

おぼんdeごはんおすすめメニュー
  • 那須高原豚の生姜焼き
  • 麦富士豚のすりおろし野菜ソース
  • 国産牛肉とズッキーニのトマト炒め
  • カラスガレイの西京味噌チーズ焼き

おぼんdeごはんはカフェスタイルなので、お料理のソースがおしゃれなものばかりです。糖質が高そうなソースもちらほらあるので、ご飯を少なめにして調整しましょう。

 

基本的にはお肉やお魚などたんぱく質がメインのおかずになっているものを選ぶといいですね。

牛丼が食べたい気分のときは・・・松屋

 

牛丼は基本的にカレーやオムライスと同様、ご飯が多い料理の一つです。なので糖質制限中は丼ものはなるべく避けるようにしたいところです。

 

どんぶりに入っているご飯の量は茶碗1杯分よりもはるかに多いので、お肉とご飯が分かれている定食をおすすめします。松屋がおすすめなのは添加物が少ない上に、定食のご飯を湯豆腐に変えることができるのです。

 

しかも最近だと女性一人でも松屋で食べる人が増えてきています。先に入口近くの食券を買って席についたときに店員さんに渡すだけなので、入ってしまえば何も問題はありません。

 

松屋

 

このライスを豆腐に変更というのが松屋の最大のメリットです。

 

たったの+50円で白米から湯豆腐に変えられますし、糖質を約90%以上カットすることができます。しかも定食にはサラダとお味噌汁もついてくるので、丼ものを一気に掻き込むより血糖値の上がり方をゆるやかにすることができます。

 

せっかく松屋に来たんだから牛丼を食べたい・・・という気持ちもすごく分かりますよ。松屋の牛めしの中でも一番少ない量がミニ盛りなのですが、それでも糖質は70g弱ほどあります。

 

糖質制限中にしてはちょっと多いですよね・・・(汗)

 

丼ものをごうかいに掻き込んで食べたい気分のときもあるかもしれませんが、ここは血糖値の急上昇を抑えるためにも松屋の定食がおすすめです。

 

松屋のおすすめメニュー
  • 牛焼肉定食
  • カルビ焼肉定食
  • 豚バラ焼肉定食
  • ブラウンソースハンバーグ定食 単品

焼肉メインの定食でライスから湯豆腐にすれば糖質量は20g以下で食べられます。夜は特に低糖質を心がけたいですが、お昼だったら少し糖質が高めのハンバーグもありです。

 

単品にすればご飯、味噌汁、サラダがなしになりますので、代わりにサイドメニューを頼むこともできます。

 

お肉が食べたい気分のときは・・・しゃぶしゃぶ温野菜

 

糖質制限中のたんぱく質供給源にお肉がメインになっている方は多いと思います。お肉をがっつり食べたいなぁと感じる日もあると思いますが、そんなときにおすすめなのが温野菜というしゃぶしゃぶ屋さんです。

 

焼肉でもいいのですが、しゃぶしゃぶのほうが野菜が食べやすいのでおすすめなのです。茹でることによってカサが減り、食べやすくなります。

 

温野菜には野菜が20種類くらいあり、糖質が低めの野菜がたくさんあるのもポイントです!

 

しゃぶしゃぶの出汁は和風系をおすすめします。トマトやすき焼き、担担肉鍋など変わったやつもあるのですが、糖質が高めの可能性が高いです。

 

温野菜

 

温野菜

 

こんなふうに2種類選んで別々の味を楽しむことができます。

 

温野菜

 

基本的にはお肉やウインナー、チーズ、一品もののうずらの卵などは高タンパク、低脂質なのでおすすめです。気を付けなければいけないのは、メニューの中には糖質が高いものが結構あるので誘惑されないようにしないといけないことです。

 

たとえば、お肉を食べるときのゴマだれやポン酢には糖質が結構多いのでつけすぎ注意です。またしゃぶしゃぶは夜に食べることが多いと思うので、食べ過ぎにも注意しなければいけません。

 

また、野菜はヘルシーなイメージがありますが、意外と高糖質なものもあります。できるだけ糖質を削りたい場合はトマトやニンジンなど鮮やかな色のついたものや玉ねぎ、ごぼうなどの根菜は避けるようにしましょう。

 

目安として緑の葉物系やきのこ、もやしなどの淡泊な色の野菜は比較的低糖質であることが多いので、そういったものを中心に注文するといいですね。

 

雰囲気にのまれてビールを飲んだりしてしてしまう恐れもあります。夜の食事は脂肪になりやすいので、白米やデザートは頼まないほうがいいですね。

 

しゃぶしゃぶ温野菜のおすすめメニュー
  • 和風系だし(和牛、昆布、旨辛火鍋、水炊き、もつ)+お肉全般+緑の葉物野菜+きのこ
  • 他にもウインナー、豆腐、チーズ、うずらもおすすめ

糖質高めの要注意メニュー

  • トマトすき鍋、担担肉鍋
  • 鶏つみれ、にんじん、ゴボウ、玉ねぎ、トマト
  • マロニー、おもち、甘いたれやドレッシングのついた一品もの
  • ポン酢、ゴマダレ
  • 〆のパスタ、中華麺、ご飯
  • デザート

意外と誘惑が結構多いので気を付けましょう!!

 

まとめ

 

糖質制限中は食べるものに気を遣ってしまうため、自由に食べられないと思ってしまうかもしれません。しかし、きちんとお店を選べば糖質制限中でも食べられるところはそれなりにあります。

 

外食チェーンは本当にいろんな種類があるので、迷ってしまうかもしれませんが、低糖質メニューを出しているところも増えてきています。その分ダイエット中でも利用しやすくなっているのが嬉しいところですね。

 

おすすめの外食チェーンでも食べ過ぎれば太りますので、基本は自炊にして必要なときだけ行くスタンスがいいかと思います。家でゆっくり自炊する時間がない方もチェーン店をうまく使って糖質制限を続けていきましょう!


page top