糖質制限で失敗する原因と対策

糖質制限に何回も失敗してしまう…再挑戦の前に原因と対策を知るべし

糖質制限だったら痩せられるかもと期待をこめてダイエットをはじめたのに、なぜか何回も失敗してしまう・・・と落ち込んでしまっていませんか?糖質制限で痩せたという声も多い中、自分だけが失敗ばかりしているとうんざりしてしまいますよね。

 

実は私も糖質制限でうまくいく前には何回か失敗を経験しました。失敗をして分かったことは、「自分の意思が弱いから・・・」という理由だけを失敗の原因にしてしまわないことです。

 

昔はダイエットといえばカロリー制限で、痩せられない理由は痩せるという意思が弱いからだと片付けられてしまうこともしばしばありました。でも残念ながら、痩せるためにどんなつらいことにも耐えるという精神論だけではダイエットは上手くいかないのです。

 

しかもひたすら歯を食いしばって耐えるダイエットはリバウンドするだけでなく、そもそも全然楽しくないと思います。

 

失敗したときにただ体重がもとに戻ってしまうだけならマシなのですが、体調不良になって回復しづらくなってしまったり、体力が激減してしまうなど健康に支障をきたしてしまう方もいます。

 

こんなふうに人生に悪影響をおよぼすような失敗をしてしまう前に、なぜ糖質制限がうまくいかなかったのかを考えてみましょう。原因がなんとなくでも分かれば、再挑戦するときに対策を立てながら実践することができます。

 

糖質制限に失敗してしまう負のループから抜け出すためにも、失敗の原因と対策についてお伝えしていければと思います。

 

 

そもそもなぜ糖質を制限すると痩せるのか?

 

糖質制限をはじめたきっかけは糖質を制限することでダイエット効果が期待できるからですよね。糖質制限をすると痩せられる理由はここにあります。

 

糖質はたんぱく質、脂質と並んで三大栄養素と言われています。たんぱく質や脂質と違い、糖質だけはエネルギーにしかならない栄養素なのです。

 

体の構成成分にならないので、エネルギーとして利用されなければ脂肪として蓄えられることになります。そこで糖質の少ない食事をすることによって、体内のブドウ糖が不足し始めます。

 

すると脂肪を分解してエネルギーとして消費してくれるようになるんですね。

 

糖質

 

糖質制限に失敗してしまう原因

 

糖質制限で痩せるメカニズムはとてもシンプルで、血糖値を上げなければ脂肪としてため込まれるのを防ぐことができます。でも実際に糖質制限を実践してみると、いろんな壁にぶち当たることがありますよね。

 

糖質制限に失敗してしまう理由としてこんなものがあるからです。

 

  • 糖質中毒、糖質依存症から抜け出せていない
  • 極端な糖質制限に走りすぎている
  • カロリー制限、脂質制限も同時にやっている
  • 栄養素が偏って栄養不足になっている
  • 睡眠不足やストレスを解消していない

 

こういった原因があって糖質制限に失敗してしまうのであれば、それは自分の意思が弱いからではありません。考え方を少し変えれば行動が変わり、糖質制限がうまくいく確立も上がってきます。

 

そのために失敗する理由をもう少し掘り下げてみます。

 

糖質中毒、糖質依存症から抜け出せていない

 

おそらく物心ついた頃から、食事は主食と一緒に食べてきた方がほとんどだと思います。そして主食以外にもお菓子やパン、お酒、麺類、スイーツなど、大好物は炭水化物という方も少ないないと思うのです。

 

実は知らないうちに糖質中毒、依存症になってしまっている方は多いです。

 

たとえば、ご飯の後にはスイーツを食べないと気が済まない、ご飯なしでは食事をした気がしない、雨が降っていても、面倒な気持ちがあっても、糖質のことが頭から離れずにコンビニに買いに走ってしまう・・・

 

もし糖質を控えなければと思っているのに、ついついやめられないと悩んでいたらそれはすでに中毒になってしまっています。

 

糖質制限ダイエットでは糖質を減らすことが重要になってきます。ですが、中毒から抜け出せていない状態で急激に糖質制限をやってしまうと、反動でむちゃ食いに走ってしまうことがあるのです。

 

何度も糖質制限しようとしているのに糖質を大量に摂ってしまって失敗している方は、まずは甘いお菓子や菓子パンなど余計な糖質をカットすることから始めると挫折しにくくなります。

 

糖質依存

 

極端な糖質制限に走りすぎている

 

絶対に痩せるぞ!と気合いを入れすぎていませんか?痩せるまで絶対に糖質は摂らない、我慢するといった極端な糖質制限をしすぎると失敗に繋がりやすいのです。

 

糖質制限はダイエットではなく糖尿病患者への食事療法として考え出されたものなのです。なので一時期の減量のために極端に糖質を制限するのではなく、長期的に健康でいられるために適度な範囲で糖質制限をするべきなのです。

 

人の体は糖質を摂らなくても脂肪や筋肉を材料にして自力で糖を作り出す機能が備わっていると言われています。

 

ですが、今まで体は糖質を食事から摂ることでエネルギー確保をしてきました。そんな体に急に一切の糖質が入ってこなくなったとして、すぐに対応できるとは限りません。

 

実際にストイックな糖質制限をやって、ふらつきや疲れ、だるいといった体調不良を感じている方もいます。やはり体調がよくない状態が続くと不安になりますし、やめてしまう方が多いのです。

 

体調不良

 


    カロリー制限、脂質制限も同時にやっている

 

糖質制限のメリットとしてむくみを摂ってくれる点があります。糖質は水分を含みやすい栄養素なので、糖質制限をすると余計な水分が排出されて全体的にスッキリするのです。

 

その分糖質制限の初期の頃は体重が減るスピードが早いので、ダイエットハイになってしまう方がいます。カロリーをもっと落としたら、太りそうな脂質をもっと控えたら、もっと痩せられるのでは?という思考になってしまうのです。

 

糖質過多にならないように制限していれば、カロリーも脂質も極端に制限するべきではありません。血糖値を上げるのは糖質だけなので糖質制限ができていれば、基礎代謝以上のエネルギーをしっかり確保しても脂肪には変わりにくいのです。

 

脂質も少し前は太るイメージが強いものでしたが、今では糖質と一緒に摂ることで血糖値の上昇を抑えてくれることがわかっています。なので質のいいオイルは積極的に摂るべきなのです。

 

ダイエットで痩せる代わりに髪や肌をボロボロにしてしまう方がいますが、それでは体が悲鳴を上げています。エネルギー不足は暴食スイッチのきっかけになりますので、失敗のもととなります。

 

オイル

 

栄養素が偏って栄養不足になっている

 

ダイエットとなるとこんにゃくや豆腐、野菜をメインに食事内容を決めてしまう方も多いのです。カロリーだけ見ると低カロリーなものばかりで痩せそうな気はしますが、痩せるために必要な栄養素が揃っていないのです。

 

カロリーだけを下げてもすぐ下げ止まりになってしまうのは、痩せるための栄養素が足りていないからなのです。特に糖質制限でもたんぱく質は重要になりますが、豆腐だけではダメなのです。

 

豆腐には植物性たんぱく質が含まれますが、摂りすぎると大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするため下半身がボテッと太くなりやすいのです。代わりに摂りたいのがお肉や卵などの動物性たんぱく質です。

 

特に赤身のお肉には脂肪の代謝に必要なLカルニチン、ビタミン、鉄分など不足しやすい栄養素が豊富に含まれています。栄養不足は体にとって強いストレスになるので、食べ過ぎやむちゃ食いに繋がりやすくなります。

 

お肉

 

睡眠不足やストレスを解消していない

 

睡眠不足や生活習慣の乱れも体にとってはストレスになります。痩せるためにはカロリーや糖質を気にするだけでなく、自立神経のバランスが整っていることも重要なのです。

 

しかし、寝不足が続く、食事を抜く、深夜に食べる、など生活リズムがバラバラになってしまうと、自律神経のバランスも崩れてしまいます。自律神経が正常に整っていれば、食欲や代謝を正常に調整してくれるので、楽にダイエットができるのです。

 

逆に乱れてしまうと異常に食欲が湧いたり、脂肪の分解が抑えられたりしてしまうのです。

 

糖質制限に失敗したあとに成功するためのコツ

 

私も糖質制限に何回か失敗しまして、成功するためには考え方を変えないとダメだと思っています。失敗したままの考え方でまた糖質制限をするとまた同じように失敗してしまいます。

 

そんなため息ばかり出るダイエットではやりがいもないので、失敗した後でも成功できるコツをお伝えできればと思います。

 

  • まず甘いもの依存から脱却する
  • たんぱく質をしっかり摂る
  • 運動不足の場合は運動を入れてみる

 

これは私が糖質制限に失敗したあとに実際に対策していたことです。この対策によって糖質制限に挫折しなくなり、目標体重まで痩せることができました。

 

まず甘いもの依存から脱却する

 

糖質制限での失敗の一つは糖質を摂りすぎてしまうことだと思います。今一番やめられない糖質がお菓子やスイーツ、菓子パンなどの甘いものであるなら、まずはご飯を減らす前に甘いものへの依存を脱却します。

 

ご飯は白米から血糖値を上げにくい雑穀米にして、茶碗1杯分をしっかり食べるようにします。そしてメインのお料理や副菜、汁物など出来る範囲で栄養もしっかり摂ります。

 

私はいきなりストイックな糖質制限はせずにまずは栄養不足を解消することから始めました。体にとって栄養不足が解消されるとストレスが減るので、自然と甘いものを食べたいという欲求が湧きにくくなるのです。

 

この状態になってから、ご飯を3分の2に減らしてその分たんぱく質をもう少し増やしていきました。人によって合うやり方、合わないやり方はありますが、私は糖質依存状態を解消してから、徐々に糖質を減らしていくことでストレスな成功することができたのです。

 

食事

 

たんぱく質をしっかり摂る

 

なんとなく豆腐や大豆のほうがヘルシーで健康的なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、お肉卵も負けないくらい栄養豊富な食材です。むしろ痩せるための栄養素がしっかり含まれているので、糖質制限中はぜひとも摂りたい食材なのです。

 

お肉は摂りすぎると腸内環境が悪くなったり、おならが臭くなると言われていますが、私はそこまで心配する必要はないと思います。お相撲さん並みに食べてカロリーオーバーで太った場合は注意が必要ですが、日本人のほとんどはたんぱく質不足だと言われています。

 

朝、昼はしっかり食べて、夜は満腹にならないよう軽めに食べる、この範囲でお肉を摂る分には食べ過ぎになることはよほどないと思います。もしお腹が張ってつらい場合は、植物性たんぱく質を増やして調整していきましょう。

 

植物性たんぱく質オンリーではなく、動物性と植物性を織り交ぜつつ摂るのが理想的です。

 

また、夜に暴食しなくてすむように間食を取り入れるのも効果的です。間食もチーズやゆで卵、卵サンドなど、タンパク質が摂れるものがベストです。

 

チーズ

 

運動不足の場合は運動を入れてみる

 

運動が苦手という方は多いですが、やってみるとものすごい効果があることがわかります。特にデスクワークの方や普段ほとんど運動をしない方はぜひとも軽い運動をしてみてほしいのです。

 

といっても運動自体に減量効果がものすごくあるわけではないのですが、睡眠の質改善、体の疲労軽減、食欲が安定するなどあらゆるストレスを減らしてくれることを体感しました。

 

運動による消費カロリーはそんなに多くはないですし、長時間の運動や負荷のかけすぎはダイエットで逆効果になります。ですが、週に2、3回15分から30分だけでも筋トレや有酸素運動をすると自律神経が整ってきます。

 

運動することによって幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、ひどい疲れや倦怠感を感じることがなくなってくるのです。ストレスは糖質制限ダイエットでも失敗を招きやすい要因です。

 

すぐに運動も取り入れなくてもいいので、糖質制限に慣れてきたら軽い運動も少しずつ入れてみてください。体を動かすと勝手に食事もいいものにしようと意識を変えてくれますし、血流がよくなって肩こりが改善したり、老廃物が排出されやすくなって肌がきれいになったりします。

 

運動が苦手だった私もやってみたら、いいことだらけじゃん!と気付いたわけです。

 

ジョギング

 

まとめ

 

糖質制限は成功している人が多い反面、リバウンドして失敗してしまう人も多いと言われています。失敗してうまくいかなかったとしても、やり方や考え方を正しく変えるだけで次は成功の確立が高まります。

 

どんなダイエットでもそうですが、とにかく極端なやり方では上手くいきません。健康も美しさも両方手に入れるためには、体に危機感を感じさせないような続けられるダイエットである必要があります。

 

私も何回も失敗しましたが、一度コツを掴むと楽に楽しく糖質制限ができるようになりますよ!

page top