シャトレーゼの低糖質パンの口コミ

【シャトレーゼ】低糖質パンの口コミ!糖質制限中でも満足できる?

シャトレーゼの低糖質パン

パン好きにとって糖質制限はつらいものがあったりしますよね。パンが好きなのに今まで通り食べられない!食べるとしてもお米ばっかりではストレスが溜まりそうです。

 

でもありがたいことに低糖質パンがどんどん世の中に出てきてくれているおかげで、そのストレスも緩和しつつあると思います。私は低糖質のパンといえばローソンのイメージが強かったのですが、なんとあのシャトレーゼもたくさん糖質オフの商品を出してるではないですか!!

 

シャトレーゼはスイーツのイメージがあるのですが、パンも出しているんですね。昔は他よりもリーズナブルで買いやすいスイーツ屋さんだと思っていましたが、かなり素材にこだわって商品を作っていることをテレビで見て知りました。

 

それからはシャトレーゼでも何か買ってみようかなと気になってはいたのですが、なかなか店舗がそばになく・・・・そして最近オンラインで買えることを知り、糖質オフのパンをゲットすることができたのです!

 

車で走っているとちらほら見かけるシャトレーゼ・・・もしかしたら今後の糖質制限のいい食材になるのでは?と思って、いろいろ試してみました。今回はシャトレーゼの低糖質パンを食べてみた生の口コミを紹介したいと思います!

 

パン好きだけど、糖質制限を頑張っている方は是非ともチェックしてみてください!

 

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

シャトレーゼの糖質オフのパンの中で一番スタンダードなやつがこれだったので、このパンから食べてみることにしました。

 

今回はオンラインショップでゲットしたのですが、基本的には冷凍品みたいですね。ローソンのブランパンとは違って、ふすまを使っているわけではないのでまた違った風味がしそうです。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

カロリー(1個あたり) 86kcal
内容量 6個
糖質(1個あたり) 4.6g ※エリスリトールを除いた糖質量 2.7g
食物繊維 9.4g
原材料 小麦たん白、難消化性でん粉、卵、アーモンドプードル、エリスリトール、マーガリン、乳等を主要原料とする食品、パン酵母、シトラスファイバー、食塩、加工でん粉、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、グリシン、酢酸Na、保存料(しらこ)、pH調整剤、(原材料の一部に乳を含む)

 

カロリーが普通のバターロールと同じくらいですが、糖質量は圧倒的に低いです。普通のバターロールの糖質は1つで15gから多いと20g弱ほどあるのですが、これは気にしなければいけない糖質は実質2.7gしかありません。

 

エリスリトールも糖質ですが、吸収されずに代謝されてしまうため、血糖値への影響がないのです。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

原材料を見てみると小麦粉の代わりに食物繊維がたくさん入っていることがわかります。だから糖質オフになっているんですね。

 

朝食でこのパンを2つ食べるともう1日の摂取目標量に届いてしまうので、1度にたくさん食べ過ぎないほうがいいです。なんでもそうですが、食物繊維も摂りすぎればお腹がゆるくなるなどの影響が出ることがあります。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

袋から取り出したばかりのパンは冷凍されていてカチカチです。おすすめされている食べ方は食べる分だけ室温で2~3時間解凍し、その後トースターやレンジなどで温めるのがいいそうです。

 

私の場合は室温で解凍する時間がなかったので、前日の夜に冷蔵庫に移して解凍してみました。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

冷蔵庫で解凍直後は冷たかったので、温めなおしてみました。室温でなくても、冷蔵の解凍でも問題ないみたいですね。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

中はこんな感じで本当にシンプルなお食事パンという感じです。トースターで焼きなおしたおかげで、外はさっくり中はふかふかになっていて食感はとてもよかったです。

 

すごく素朴で美味しいのですが、ちょっと味気ない感じはあります。食べているとその素朴さにも慣れてくるのですが、最初はちょっと味気なさに戸惑いました(笑)

 

それとちょっとパサつく感じが多少あるので、高級食パンのようなしっとりさはないのです。でも、糖質がたったの2.7gとは思えないほどのクオリティだと思います。

 

最悪このパンを夜に食べてしまってもこの糖質量ならなんとかなるのではないでしょうか。私は朝食に食べていますが、シンプルな分食べやすくてなんだかんだ気に入っています。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

パッケージの側面をよくよく見ると、おすすめの食べ方が書いてあるではないですか!!

 

最初は気が付かなかったのですが、バターを塗ったりハムやチーズ、レタス、卵などでサンドイッチにして食べると美味しいみたいですね。というわけで早速、パンを2つに切ってバターを塗って焼いてみました。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

焼きがったものをくっつけて1個の姿に戻してみたのですが、確かにバターがあると味気なさがなくなって美味しいです。

 

サンドイッチに向いているのもすごくわかります。素朴だからこそ、具材を入れることでちょうどよくマッチするんだと思います。

 

朝も昼も血糖値の心配なく食べられるので、結構おすすめです。

 

糖質84%カットのテーブルパン

 

糖質86%カットのテーブルパン ベーコンペッパー

 

こちらは同じ糖質オフシリーズのベーコンペッパー味です。

 

ベーコンとコショウの味付けが加わるので、プレーンよりもよりお食事パンに向いてそうですね。味としてはハズレはないと思われます。

 

糖質86%カットのテーブルパン ベーコンペッパー

 

カロリー(1個あたり) 99kcal
内容量 6個
糖質(1個あたり) 4.3g ※エリスリトールを除いた糖質量 2.5g
食物繊維 9.0g
原材料 小麦たんぱく、難消化性でん粉、ベーコン(豚肉、食塩)、卵、アーモンドプードル、エリスリトール、マーガリン、乳などを主要原料とする食品、パン酵母、シトラスファイバー、食塩、こしょう、加工でん粉、香料、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、グリシン、酢酸Na、発色剤(亜硝酸Na)、調味料(アミノ酸など)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(VC)、保存料(しらこ)、pH調整剤、(原材料の一部に乳を含む)

 

ベーコンの分なのかプレーンよりもカロリーは少し高いですが、糖質は変わらずとても低いですね。パンとは思えないくらいです。

 

糖質86%カットのテーブルパン ベーコンペッパー

 

無添加ではないのでちょっと添加物は気になりますが、まぁそこは仕方ないですね。糖質がこれだけ抑えられてるので、それだけでもありがたいです。

 

糖質86%カットのテーブルパン ベーコンペッパー

 

見た目は先ほどのプレーンと同じような丸い形で、こちらはところどころベーコンが入っているのがわかります。開けた瞬間ベーコンの香ばしい匂いがするので、すごく食欲が湧いてくるのもいいですね。

 

糖質86%カットのテーブルパン ベーコンペッパー

 

最初に素朴なプレーンタイプを食べたせいか、ベーコンペッパー味のほうはすごく美味しいと感じました。素朴な生地にベーコンとコショウのちょうどいい塩加減がいいアクセントになってものすごく食べやすくなっています。

 

これはバターを塗ったり、サンドイッチにしなくてもそのまま食べても十分美味しいですね。ベーコンの味をつぶしてしまうのはもったいないので、味付けなしのスクランブルエッグを挟んでみたのですが、とても美味しかったです。

 

ベーコンが入っている分、脂質が摂れるので食べたときの満足感もありましたし、パンにしては腹持ちもいいなと感じています。毎朝このタイプのパンを2つとスープ、目玉焼き、たまにヨーグルトを食べているのですが、朝食はこれでちょうどいいです。

 

私は食べる前に解凍をしなければいけないと思っていましたが、どうやら冷凍庫から凍ったままのやつをそのまま温めて問題ないみたいです。

 

凍ったままのやつをそのままトースターに入れて10分ちょい加熱すればサクサクふわふわになります。時間がない朝などはトースターに入れて温めるだけなので、手軽に朝食が準備できて本当に便利です。

 

糖質86%カットのテーブルパン ベーコンペッパー

 

玄米まるパン

 

このまるパンは糖質オフシリーズとはまた別ものなのですが、お米を使ってできているパンということでこちらも栄養満点そうですね。

 

お米パンは一時期流行りましたが、玄米パンというのは食べたことがないので食べる前から期待していました。糖質オフシリーズとはまた違う風味が味わえると思います。

 

玄米まるパン

 

カロリー(1個あたり) 108kcal
内容量 2個
炭水化物(1個あたり) 8.4g
原材料 玄米ペースト(玄米、米油)、粉末状小麦たん白、砂糖、マーガリン、パン酵母、シトラスファイバー(オレンジを含む)、玄米粉、大麦粉、食塩、小麦粉/乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、酢酸(Na)、香料(乳由来)

 

糖質オフパンに比べるとちょっとカロリーは高めです。

 

一応食物繊維はこのパン2つでレタス3分の2個分と書かれていますが、レタス自体そんなに食物繊維の多い野菜ではないんですよね。なのでめちゃめちゃ食物繊維が多いかというとそうでもなさそうですね。

 

他のパンに比べると少し糖質は高いですが、それでも市販のパンに比べらた低いので糖質制限中でも食べられるパンになっています。

 

玄米まるパン

 

玄米というだけあって、中を開けるとすごく香ばしい香りがします。色もこんがり茶色でとっても美味しそうです。

 

サイズは糖質オフパンとだいたい同じくらいで、直径は7~8センチくらいです。

 

玄米まるパン

 

中を割ってみるとふかふかの生地が見えて、文字通り玄米を主体としたとてもシンプルなパンです。でも、玄米の香ばしさが強いので結構このパンだけでも美味しく食べられました。

 

しっかり焼いて外はさっくり、中はふわふわにして食べるのがいいと思います。シチューにつけたり、サンドイッチにしたりするのも美味しいと思いますが、私はシンプルにバターを付けて食べるのが好きです。

 

糖質オフのパンだとふすまが使われていることが多いのですが、ふすまのクセが苦手な方もこのパンならすごく食べやすいと思います。朝食に2つ食べても糖質は16グラムくらいなので、問題のない範囲ですね。

 

ただ、これだけではたんぱく質など他の栄養素は補えないので、おかずもしっかり摂ることをおすすめします。糖質オフ系のパンの中ではとても美味しい部類のパンだと思うので、パン好きの方や糖質オフの主食を探している方におすすめです。

 

冷凍されていますが、時間がない場合は凍ったままトースターで温めれば美味しく温めることができました。手間もかからずで朝食にちょうどいいですね!

 

玄米まるパン

 

まとめ

 

糖質制限中のパンといえばローソンとばかり思っていたのですが、意外といろんなメーカーから低糖質のパンが出ていて面白いですね。シャトレーゼは街の中心よりも少し郊外のほうにあったりするので、なかなか行く機会もなくなっていました。

 

ですが、今回シャトレーゼのパンを発見したことで、食べられるパンの種類が増えて本当によかったです。多分他にも美味しい低糖質のパンはあると思いますので、いろいろ探しつつ食べてみたいと思います。

 

お近くにシャトレーゼがある方はぜひスイーツだけでなく、パンもチェックしてみてくださいね!

 


page top