糖質制限中におすすめのローソンのお菓子

【ローソン】糖質制限中に食べれるおすすめのお菓子だけを公開

コンビニの中でも糖質制限をしている人がよく利用しているのがローソンですよね。ローソンにはありがたいことに糖質を考えて作られたお菓子がたくさん置いてあるので、ダイエット中のストレスを解消してくれるのです。

 

カロリー制限のダイエットが失敗しやすい理由はとにかく我慢の連続だからですよね。カロリー制限が主流だった頃は、とにかく食べなければOK!だったのであれもこれも食べちゃダメというストレスが付きものだったと思います。

 

その影響もあってダイエットはつらい我慢がつきものというイメージがある方も多かったと思いますが、糖質が注目されだしてからそれも変わってきました。もちろん食べ過ぎはダメなのですが、糖質をしっかり制限できればケーキもお菓子も食べてもいいのです。

 

それをほどよくサポートしてくれるのがローソンなんですよね。特別な専門店に行かなくても、ネットでわざわざ通販から買い物しなくてもどこにでもあるローソンで低糖質なお菓子が買えちゃいます。

 

今では種類もどんどん増えてきて、どれにしようかなと迷うほどになってきました。私も糖質制限をはじめてからローソンのお菓子にはたまにお世話になっているので、本当に美味しいお菓子をご紹介したいと思います。

 

糖質制限中のお菓子を探している方はぜひチェックしてみてください!

 

 

ブランクリームサンド

 

今ローソンの中で私が一番お気に入りになっているのがこのブランクリームサンドです。クッキー+クリームの組み合わせにハズレがないし、NAVERまとめでも美味しいと一時期話題になっていたので、人気の商品の一つになっています。

 

ブランクリームサンド

 

カロリー(1袋あたり) 171kcal
内容量 4個
糖質(1袋あたり) 5.4g
食物繊維(1袋あたり) 14.9g
原材料 ショートニング、ミックス粉(小麦たんぱく、小麦ふすま、大豆粉、難消化性デキストリン、その他)、難消化性デキストリン、エリスリトール、植物油脂、全卵粉末、オートミール、コーンフレーク、乳等を主要原料とする食品、食塩、バニラペースト、バニラシーズペースト / 増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、トレハロース、香料、膨張剤、甘味料(ステビア、アセスルファムカリウム)、クエン酸第一鉄ナトリウム、乳化剤、(一部に小麦・卵・乳成分・オレンジ・大豆を含む)

 

成分表を見るとよくわかるのですが、このビスケットがすごいのは1袋全部食べても糖質が5.4gしかないのです。

 

1枚あたり糖質が2gもないようなビスケットは見たことがありません。クリーム玄米ブランでも2枚で糖質が20g近くあります。

 

欠点は食品添加物が多いなぁという点ですかね。低糖質も無添加も求めていたら食べるものがなくなるので仕方ないんですけどね・・・

 

ブランクリームサンド

 

袋を開けてみると、1枚ずつ個包装になっていることが判明!個包装だと1枚や2枚カバンに入れておけるのもいいですね。

 

たまに残業中に会社のデスクで食べたりしています。

 

ブランクリームサンド

 

1個の大きさはだいたいビスコ2枚分かなと思われます。ビスケットはしっとり系ではなく、割と固めでサクサク系です。

 

ブランクリームサンド

 

バニラクリームがすごくいい匂いです。糖質オフなので結構あっさりめで甘さ控えめなのかな?と思いきや普通のクッキーと買わないくらい甘いです。

 

これで糖質5.4gな上に美味しすぎませんか。クッキー部分がぼそぼろしているという意見も見かけましたが、私は全然感じませんでした。

 

食物繊維が約15gも入っているのですが、1日の女性の摂取量の目安が18g以上なのでほぼ摂れちゃいます。一応ブランビスケットとなっていますが、香ばしい香りはあるものの、食べている時にブランのクセはほとんど感じませんでした。

 

割高なのがちょっと難点ですが、糖質制限向きのクッキーだと思います。私は今のところローソンの低糖質お菓子の中で一番大好きなお菓子です。

 

ブランクリームサンド

 

ブランとチアシードのクッキー

 

続いてこちらもクッキー系のお菓子ですが、今度はクリームなしの一口サイズの可愛いクッキーです。私は糖質制限中でもクッキー大好きなのには変わりがないので、これも大好きなお菓子の一つになっています。

 

ブランとチアシードのクッキー

 

カロリー(1袋あたり) 160kcal
内容量 35g
糖質(1袋あたり) 5.9g
食物繊維(1袋あたり) 11.5g
原材料 ミックス粉(小麦たんぱく、小麦ふすま、大豆粉、難消化性デキストリン、その他)、ショートニング、難消化性デキストリン、植物油脂、ココナッツオイル、エリスリトール、チアシード、ローストアマニ粉末、食塩 / 増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、トレハロース、膨張剤、香料、甘味料(ラカンカ抽出物)、クエン酸第一ナトリウム、(原材料の一部に小麦・オレンジ・大豆を含む)

 

糖質も先ほどのブランクリームサンドに負けないくらい低糖質で食物繊維も多いです。これは個包装になっていないので、開けたら全部食べてしまいそうなやつですが、全部食べても糖質5.9gなので罪悪感なく食べられますね。

 

これもそうですが、クッキー系は添加物が多いのは仕方がないと思います。

 

先ほどのクリームサンドはショートニング(トランス脂肪酸)が一番たくさん使われているので、気になる方はまだこっちのブランとチアシードのクッキーのほうがいいかもしれません。

 

量もダイエット中にはほどよい量なので、1袋を全部食べれるのはストレス解消になりますね。

 

ブランとチアシードのクッキー

 

黒いプチプチとしたやつがチアシードです。食べていると少しチアシードが口に残ることがありますが、サクサクとした食感のクッキーはとても口当たりがよくて美味しいです。

 

ココナッツオイルが使われているので、風味も香ばしく優しい甘さでとても食べやすいところが気に入っています。

 

ブランクッキーと言われていますが、ブランの風味はほとんどしないです。チアシードのプチプチ感に抵抗がなければすごく食べやすいブランクッキーだと思います。

 

ただこちらもコスパはあまりよくないので、たまに食べるくらいがちょうどいいかもしれません。

 

ブランとチアシードのクッキー

 

北海道産チーズを使ったこんがりラスク

 

なんとなく甘いものはいらないんだけど、小腹が空いてしょうがない・・・という時ってありませんか?そんなときにぴったりなのがこのチーズラスクなのです。

 

ラスクといえば砂糖がかかった甘いタイプがほとんどなのですが、これはチーズの塩気がしっかり効いたおつまみ系のお菓子になっています。甘さじゃなく塩気がほしいという欲求を満たしたいときにおすすめです。

 

北海道産チーズを使ったこんがりラスク

 

カロリー(1袋あたり) 160kcal
内容量 30g
糖質(1袋あたり) 5.3g
食物繊維(1袋あたり) 6.2g
原材料 マーガリン(植物油脂、バター、その他)、ミックス粉(小麦たんぱく、粉末大豆、難消化性でん粉、オーツブラン、その他)、小麦粉、チーズ風味パウダー、ショートニング、食塩、ナチュラルチーズ(北海道産100%)、イースト、粉末麦芽、加工デンプン、乳化剤、調味料(アミノ酸)、カゼインナトリウム、香料、増粘剤(キサンタンガム)、イーストフード、着色料(パプリカ色素、カロチン)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンC

 

ラスクは小麦が主体なので糖質が高くなりやすいのですが、これも1袋ポリポリ食べても糖質は5.3gで済みますね。内容量が30gと他の商品と同じく少な目に感じられるのですが、クッキー系のお菓子よりも私は満足感をしっかり感じられました。

 

チーズの濃い味付けとラスクのサクサクしたスナック感がマッチしていて、1枚1枚ポリポリとそのコクを味わうことができます。

 

北海道産チーズを使ったこんがりラスク

 

中を開けてみましたが、思った通りチーズの香りがスゴイです。チーズ感がたっぷり感じられて食べる前から満たされそうな勢いですね。

 

普通のラスクより食物繊維が多いのもいいですし、チーズとオイルのじゅわっとした感じがすごく美味しいんです。ただし味が濃いので好きな方はお酒も飲みたくなってしまうかもしれませんね。

 

あとは空腹で食べるとさらに何か食べたくなってしまいそうなので、食べるタイミングには注意が必要です。

 

北海道産チーズを使ったこんがりラスク

 

アーモンドチョコレート

 

一番お気に入りはブランのクリームサンドなのですが、一番食べているのはこのアーモンドチョコレートだったりします。最初食べたときは甘さ控えめだなぁくらいに思っていたのですが、今ではこの甘さとアーモンドの食感がクセになってしまっています。

 

仕事で遅くなるときもつまんで食べやすいのもいいんだと思います。

 

アーモンドチョコレート

 

カロリー(1袋あたり) 233kcal
内容量 40g
糖質(1袋あたり) 4.9g
食物繊維(1袋あたり) 8.9g
原材料 アーモンド、イヌリン、植物油脂、カカオマス、全粉乳、ココアバター、砂糖、水飴 / 乳化剤、光沢剤、甘味料(ステビア)、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

糖質は相変わらず低めで糖質制限中も食べやすいのですが、カロリーが間食としてはちょっと高めかなと思います。でも一袋分のアーモンドの栄養成分が摂取できるので、全く栄養価のないお菓子をだらだら食べるよりはるかにいいです。

 

アーモンドはカロリーが高めな分、良質な脂質も含まれるので、食べたときに満腹感を感じやすいのです。他にもこの脂質が代謝を促進してくれたり、抗酸化作用で体のサビを予防してくれたりと健康面、美容面で優れた効果を発揮します。

 

ローソンのお菓子の中でも添加物が少な目なのでそういう点でもおすすめです。

 

アーモンドチョコレート

 

見た感じも触った感じもツルツルのチョコレートです。ちょっと大きめなチョコボールみたいですね。

 

砂糖は入っておらず、水飴や甘味料で甘さがつけてあるため砂糖たっぷりのチョコレートと比べると甘さは控えめです。でも、優しい甘さとアーモンドのカリカリした食感で不思議と物足りなさがないんです。

 

仕事中でも外出先でも手に取りやすく、気付くと1袋食べてしまいそうになるのが怖いです(笑)低糖質といえども食べにくいことはなく、私はなんやかんやでこれを一番リピートして食べています。

 

アーモンドチョコレート

 

くるみとココナッツのキャラメリゼ

 

ネット上でダントツの高評価を得ていたのがこのくるみとココナッツのキャラメリゼです。最初はそこまで気になる商品ではなかったのですが、あまりに絶賛されていたのでついついつられて私も食べてしまいましたよ。

 

確かにいろんな素材の食感と味を楽しむならこれが一番だと思います。

 

くるみとココナッツのキャラメリゼ

 

カロリー(1袋あたり) 249kcal
内容量 40g
糖質(1袋あたり) 5.4g
食物繊維(1袋あたり) 3.8g
原材料 クルミ、ココナッツ、アーモンド、砂糖、でん粉、ぶどう糖、デキストリン、食塩、乳等を主要原料とする食品 / 香料

 

糖質はそんなに気にするレベルではありませんが、カロリーはそこそこ高いのでだらだら食べるのはよくないですね。

 

でも小麦が使われていないので私の場合は不思議と食べ過ぎることがありませんでした。小腹を満たすくらいつまんだら、ジップ付きの袋を締めて仕事に戻ることができます。

 

このお菓子はダントツで添加物が少ないので、素材そのままを食べることができるのもいいところなんです。その分体にもいいし素材の栄養素を摂ることもできます。

 

糖質制限中やダイエット後もなるべくこういう自然に近いものを食べたいですね。

 

くるみとココナッツのキャラメリゼ

 

中身はくるみとココナッツとアーモンドのミックスになっていて、そこにキャラメルが染み込んでいるんです。アーモンドだけは素焼きでキャラメリゼされていないので、甘さの中にいいアクセントがあって飽きずに食べれちゃいます。

 

キャラメルでコーティングされたくるみはコリコリしていて、さらに少し厚めのココナッツはサクサクなんです。これものすごく美味しくて仕事の疲れが一気に吹き飛んだことを思い出しました。

 

この歯ごたえのよさも満足感をしっかり感じさせてくれるんですよね。ナッツは栄養価も高いので糖質制限中にはぜひともこのお菓子をおすすめします。

 

ただしこれもコスパはそんなによくないので、よく噛んで味わって食べるようにするといいですね。

 

くるみとココナッツのキャラメリゼ

 

まとめ

 

糖質制限中でも夕食時の暴食を防ぐ目的だったり、栄養補給だったりで間食することはOKとされています。食事からしっかりと栄養素を摂ることは重要ですが、美味しいお菓子もたまには楽しみたいですよね。

 

コンビニの中でもローソンは糖質を考えた商品が次々出てきているので、ダイエット中でも罪悪感なく食べられるお菓子がたくさんあります。種類もどんどん増えてきているので、ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてください!

 

無理しすぎず、我慢しすぎず、楽しく長く糖質制限を続けていきましょうね!

 

page top