シャトレーゼの低糖質アイスの口コミ

【シャトレーゼ】低糖質アイスはなんでこんなに美味しい?口コミ公開

糖質制限中には特にお世話になっているシャトレーゼですが、ダイエッターさんの間ではアイスが激うまだと密かな話題になっています。

 

シャトレーゼじゃなくても低糖質アイスはあるけど、シャトレーゼのクオリティに惹かれている方も多いようです。

 

私も年中問わずアイスが大好きでして、糖質制限をはじめてからもアイスを完全に遠ざけることはできませんでした。。。暑い夏はもちろんのこと、寒い冬に温かい部屋で食べる濃厚なアイスは格別なもんなんですよね~(笑)

 

そんなふうに甘やかして糖質をがっつり摂取しているといつまでたっても痩せないので、たまのご褒美に低糖質アイスに癒されたりしています。

 

シャトレーゼのアイスをまだ食べたことがない方は、そんなに美味しいの?と気になったりしているかもしれません。

 

そこで今回は実際にシャトレーゼの低糖質アイスを食べる機会がありましたので、そのお味に対する口コミを書いてみたいと思います。

 

  • ダイエット中だけどアイスが大好き!
  • シャトレーゼの低糖質アイスが気になる
  • ダイエット中に食べれる甘いものを探し中!
  • 低糖質でもどうせなら美味しいアイスが食べたい!

 

こんな方はぜひチェックしてみてください!

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

SNSでも美味しいと話題にしている方も多いのがシャトレーゼのバニラアイスです!

 

バニラはアイスの中でも一番人気の味とも言われているので、迷ったらついバニラを選んじゃうという方も多いと思います。

 

まとめ買いをして冷凍庫に常にストックしている人もいるらしいので、早速試してみました!改良を重ねてどんどん美味しくなっているそうなので、すごく楽しみです。

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

カロリー(1個あたり) 78kcal
内容量 110ml
糖質量(1個あたり) 8.5g ※マルチトールを除いた糖質量 5.0g
食物繊維(1個あたり) 7.2g
原材料 乳製品、食物繊維(ポリデキストロース)、調整豆乳、マルチトール、植物油脂、還元水あめ、バニラビーンズ、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、甘味料(スクラロース)、着色料(カロテノイド)、(原材料の一部に卵を含む)

 

相変わらずカロリーも糖質量もがっつりカットされていてありがたい限りですね。低糖質だから量も少なめかと思いましたが、ハーゲンダッツのカップと量は一緒です。

 

ハーゲンダッツのバニラの場合、カロリーは244kcal、糖質量は19.9gあります。つまり同じ量を食べてしまってもカロリー、糖質ともに3分の1以下なのです。

 

ダイエット中にはたまらないアイスとなっております。

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

原材料はこんな感じです。砂糖よりも吸収がおだやかなマルチトールという甘味料と豆乳を使うことで糖質を抑えているようです。

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

外ぶたをとってみましたが、シンプルな感じですね。

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

中身はこんな感じです。バニラのいい香りとバニラビーンズの黒いつぶがところどころ見えていてとても美味しそうです。

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

食べてみましたが、想定していたよりすごいミルク感があります。

 

今まで食べた低糖質アイスの味から低糖質=あっさりめという固定概念があったのですが、予想していなかった濃厚さにびっくりしてしまいました。

 

確かにこれならうちの冷凍庫にもストックしておきたい・・・と思わず納得してしまいました。低糖質じゃないバニラアイスにも負けないくらいのバニラの風味がしっかりするので、めちゃくちゃ美味しいのです。

 

私は不自然な甘さを感じることもなく、甘すぎる感覚もなく1個ぺろっと食べれしまいました。

 

糖質70%カットのアイス バニラ

 

今まで食べた低糖質バニラアイスの中で一番美味しいのではないでしょうか・・・しかも何度も改良されているようでして、以前よりもバニラ感がさらに増しているのです。

 

ハーゲンダッツには届かないにしても、スーパーカップなどのラクトアイスよりも濃厚さがあると思います。ダイエット中でも濃いバニラを味わいたい方にはとてもおすすめなアイスです。

 

糖質70%カットのアイス 宇治抹茶

 

次に宇治抹茶バージョンも試してみたいと思います。

 

今のところ、シャトレーゼの低糖質アイスの味はバニラ、抹茶、チョコの3種類があります。チョコは手に入れ次第レビューしていきたいと思います。

 

糖質70%カットのアイス 宇治抹茶

 

カロリー(1個あたり) 78kcal
内容量 110ml
糖質量(1個あたり) 8.5g ※マルチトールを除いた糖質量 5.0g
食物繊維(1個あたり) 7.5g
原材料 乳製品、食物繊維(ポリデキストロース)、調整豆乳、マルチトール、還元水あめ、植物油脂、抹茶、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、着色料(クチナシ)、甘味料(スクラロース)

 

栄養成分はバニラとほぼ変わりありませんでした。

 

こちらもハーゲンダッツのグリーンティーと比較してみましたが、カロリー、糖質量ともに3分の1以下になっています。サイズもハーゲンダッツと同じなので、満足感はそれなりにあるはずです。

 

糖質70%カットのアイス 宇治抹茶

 

こちらも食物繊維と豆乳を使用することで、低糖質を実現しているようです。

 

糖質70%カットのアイス 宇治抹茶

 

ふたを開けてみると綺麗な宇治抹茶アイスが出てきました。

 

バニラほど香りは強くないような気もしましたが、それでも抹茶の美味しそうな香りがして食欲がそそられます。

 

糖質70%カットのアイス 宇治抹茶

 

早速食べてみましたが、抹茶の風味が口いっぱいに広がってとても美味しいです。コクがしっかりあるのに、大人の渋みもあって甘いものが苦手な方でも食べやすいアイスだと思います。

 

こちらもバニラと同じくリニューアルされており、以前よりも抹茶の風味がより感じられるようになっているそうです。

 

低糖質でも不自然な甘さもなく、一番食べやすい抹茶アイスだと感じました。

 

私はアイスの味で抹茶は滅多に選ばないので、無類の抹茶好きにもこのアイスを食べてもらいました。抹茶マニアからすると、もうちょっと抹茶が濃いと嬉しいなぁとのことです。

 

でも全体的には低糖質を感じさせない美味しさなので、シャトレーゼのアイスは本当にクオリティが高いと改めて感じました。抹茶好きの方はぜひ一度試して頂きたいアイスです。

 

糖質70%カットのアイス 宇治抹茶

 

まとめ

 

今回はシャトレーゼの低糖質アイスを食べてみましたが、どれも予想以上の味でリピート決定となりました。チョコ味だけはまだ試すことができていないのですが、おそらくこれもとても美味しいと思われるので近々試してみたいと思います。

 

シャトレーゼのいいところは、何度も改良がくわえられてどんどん味や食感のクオリティが上がっている点です。

 

私は以前にもシャトレーゼの低糖質バニラアイスを食べたことがあるのですが、今のほうが明らかに濃厚さやクリーミーさがアップしていると感じています。

 

どんどん美味しくなっていくので、糖質制限中のご褒美スイーツとしてもかなりおすすめです。近くにシャトレーゼがない場合はオンラインでの注文も可能なので、気になる方はぜひ一度試してみてください。

 

page top