ゆるい糖質制限でも痩せた理由とその効果

ゆるい糖質制限でも痩せた理由!厳しくすればいいってもんじゃない!

私は糖質制限ダイエットがやりやすくて好きなのですが、「糖質制限」という言葉はあまり好きではありません。制限と聞くとどうしてもキツイ、つらい、そんなイメージがあるので、ダイエットは苦しいものだという認識になってしまうからです。

 

私が学生時代の頃は食事制限だけで痩せようとしたことが何回もあり、カロリーを摂ることを我慢するのは苦しいものがありました。でも、糖質制限ダイエットにチャレンジしてからはむしろ以前よりもたくさん食べるようになったと思います。

 

しっかり食べている自覚はあるのにきちんと痩せていく、体調もよくなっていく実感がありました。糖質制限にもどれだけ制限をかけるかレベルがあるのですが、痩せるためにきつい制限をかける必要はないと思っています。

 

自分の限界まで制限をかけたほうが早く痩せるように思われますが、結局はリバウンドするという悲しい結果に終わってしまいます。リバウンドは肉体的だけでなく精神的にもつらいものがありますので、痩せること以上に気を付けなければいけないと思っています。

 

ストイックに糖質を排除することなく、ゆるい糖質制限でも痩せられるのには理由があります。厳しく制限をかけた時よりも痩せるスピードは少し緩やかにはなるのですが、それでもゆるく続けることのメリットのほうが大きいのです。

 

お料理や作品が時間をかけてじっくり仕上ったほうが美味しく美しくなるのと同じように、人の体も丁寧に磨きをかけたほうが安全でキレイに仕上る理由をお伝えしていきたいと思います。

 

 

ストイックに制限してもゆるい糖質制限でも効果はあまり変わらない

 

ダイエットしはじめるとどうしても早く効果を出したくてついつい制限をきつくしてしまう方はいると思います。カロリー制限でも糖質制限でも過度に制限すれば一時的に効果は出ますが、後から体がその負担に耐えられなくなってしまうのです。

 

異常なほどの空腹感を感じたり、ふらふらしたり、精神的に不安定になったりと体からSOSが発信されてきます。こういった健康的なダイエットとは言い難い状態で減量を続けてもどこかで必ずリバウンドする時が来てしまうのです。

 

実はここまで自分にきつい制限をかけなくても、ある程度の糖質を摂取しながら行うゆるい糖質制限でも減量効果はほとんど変わりません。

 

アメリカではもっと前から糖質と健康に関する研究がおこなわれていて、一日130gまでなら健康的な体を維持できることが分かってきています。一日一食でまとめて130gの糖質を摂るのは逆効果ですが、毎食40gまでを上限値にすることで血糖値を安定させることができます。

 

今痩せたいと思っているということは、食生活のどこかに血糖値が上がりやすい内容があると考えられます。最初からすべての糖質を抜いてやる!と張り切りすぎるより、主食のご飯を茶碗の半分にするところから始めたほうが失敗しにくなるのです。

 

私の場合は砂糖たっぷりのお菓子やアイスの食べ過ぎが原因で太ってしまったのですが、まずは砂糖依存を治すためにご飯を茶碗の3分の2にするところから始めました。ご飯を減らした分、たんぱく質が摂れるおかずの量を増やしただけなので、食生活自体は大きく変わっていません。

 

なのでストレスもほとんどなかったので、割と楽に体重は減っていきました。1か月に5キロとか10キロといった劇的な減り方はしていないのですが、1か月に1.5キロくらいのペースでじりじり痩せていきました。

 

食べる

 

食事を抜くより三食食べたほうが血糖値は上がらない

 

三食は食べ過ぎだとか健康に関していろんな説がありますが、糖質制限ダイエットの目線で考えると三食しっかり摂った方が痩せていきます。(私もそうでした)私はお腹の空いていない朝は食事を抜いたほうが痩せられると思っていたのですが、食事を抜くような制限の仕方は逆効果になります。

 

朝食が食べられないということは夕食で糖質やカロリーを摂りすぎています。

 

または夕食を食べる時間と寝る時間が短いのもあまりよくありません。カロリー制限のようにむやみに食事量を減らす必要はないのですが、夕食だけはお腹に食べ物が残ったまま寝なくていいように調整する必要があります。

 

たんぱく質をしっかり摂って、糖質はなるべく摂らないようにして寝る!明日の朝ごはん楽しみだな〜!って考えながら眠りにつくんです。

 

これを繰り返すうちに体重が減っていきました。朝と昼に多少糖質を摂りすぎたとしても、夜寝るときにお腹に食べ物が残っていなければ挽回できるんです!

 

 

日ごろから一品ものは避けるようにすれば少しくらい食べ過ぎてもリバウンドすることはありません。カレーとかパスタとか親子丼とかそれ一品で完結してしまう料理は量が少なくても太りやすい料理です。

 

意外かもしれませんが、カロリーが多少高くなっても、主食+メイン料理+脂質+野菜の組み合わせが一番血糖値が上がらないので、太りにくいのです。

 

一番血糖値を急激に上げるのは塩おにぎりのような炭水化物オンリーの食べ物です。

 

食べないことよりも食べ方が重要で、食事を抜くより三食食べるゆるめの糖質制限でも十分ダイエット効果があります。

 

食事

 

間食は適度に摂ったほうが食欲が爆発しない

 

ダイエット中でもおやつ食べてよし!となればかなり気が楽なんじゃないでしょうか?食事以外は食べちゃダメ!となると余計に食べたくなるものなんですよね。

 

でも、空腹って我慢しすぎると爆発するものなのです。特に夕方に空腹になりすぎるのが一番よくありません。

 

夜ご飯のときに食欲が止まらなくなって食べ過ぎる・・・という太るサイクルに突入してしまうからです。だったら夕食は食べ過ぎないようにセーブできるくらい間食で食欲をコントロールしたほうがいいのです。

 

今は糖質が低いおやつがたくさんありますし、甘いスイーツが食べたい場合でも低糖質スイーツに頼ればいいのです。間食の糖質は1回につき10g以下が理想ですが、低糖質スイーツは全部食べても糖質10g以下に収まるように作られています。

 

スーパーやコンビニで低糖質で美味しいおやつやアイスが手に入るので、ぜひチェックしてみてください。今まで試した中でのオススメをこちらにまとめてみました。

 

糖質制限中のおやつは市販でOK!イオンやマックスバリュで十分!
糖質制限中のアイスに「SUNAO」を選ぶ理由!おすすめの味はコレ

 

しかも普通のスイーツと変わらないくらいの美味しさなので、心もちゃんと満たされますよ。ストレスを貯めるくらいならゆるくスイーツを食べたほうが暴食しなくてすみます。

 

糖質オフデザート

 

まとめ

 

糖質制限ダイエットで痩せようとしている方の中にはストイックに糖質を抜く努力をされている方もいます。それがだんだん糖質制限からカロリー制限まで同時に行ってしまい、筋力を大きく落としてしまったり、骨をもろくしてしまった事例もあります。

 

そういうケースから糖質制限は危険だという声もちらほら聞こえてくるようになりました。でも、私は実際に糖質制限で体重を目標値まで落としましたが、ひたすらゆるい糖質制限を続けていました。

 

三食主食を抜いたり、間食を一切禁止したり、スイーツもパンも我慢に我慢を重ねることはしませんでした。カロリー制限のダイエットで散々つらい制限をしてきたので、いつか限界を迎えるようなダイエットは必ずリバウンドすると実感しているからです。

 

ゆるい糖質制限でもポイントを抑えることでじっくりと脂肪を落としていくことはできます。むしろそのほうがリバウンドの危険も少なく、楽しくダイエットができると思っています。

 

  • 糖質量は毎食40gまで食べてOK!
  • 一日一食は主食を摂ってゼロにはしない
  • 三食摂ってもいいけれど、夜は満腹にしない
  • 間食も摂ってOK!
  • スイーツもパンも低糖質なもので欲を満たす

 

書いてみるとかなりゆるい糖質制限に見えますが、これくらいのゆるさでも痩せていきました。もちろん体重の減り方はだんだんゆるやかになってくるので、途中からスクワットを入れたり、ご飯を茶碗3分の2から半ライスに減らしたりと工夫はしました。

 

今は体重の維持期に入っていますが、変わらず糖質制限は続けています。ずっと続けられるくらいのゆるさなので、それが痩せた要因の一つだと思っています。

 

追い詰めすぎて苦しくなっている方はちょっとだけ肩の力を抜いてみてくださいね!

page top