糖質制限中のアルコールが痩せない理由

糖質制限中のアルコールはやっぱり痩せない?お酒は結構クセ者

糖質制限ダイエットはお酒がOKなダイエット方法としても人気になりましたよね。カロリー制限だとお酒は我慢しなくちゃいけないけど、糖質制限でお酒が飲めるならやってみようかなという方もいらっしゃったと思います。

 

私の知人でお酒はやめずに痩せたという人も知っているので、アルコールもある程度は大丈夫なのかなと思っていました。

 

しかしいろんな方の情報や話を聞いていると、お酒の飲み方が原因でなかなか痩せられないループにはまっている方もいらっしゃることが分かってきました。

 

「今日は仕事も頑張ったし、糖質もきっちり制限したし、飲むかぁ〜!!」と部屋で思いっきりリラックスしてお酒を流し込んでいませんか。もちろんこんなふうにストレス発散も重要なのですが、糖質制限中はお酒に含まれるアルコールを甘く見てはいけません。

 

なぜならお酒には糖質が多い種類があるだけでなく、ダイエット成功を遠回りさせてしまう要因も少なからずあることが分かったからです。

 

今回は糖質制限中に摂るアルコールの影響を知りつつ、なるべくダイエットに支障が出ない飲み方を見ていきましょう!!なかなか体重が減らないのはお酒のせい?と心当たりがある方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

結論を言うと飲まなくていいなら飲まないほうが痩せる

 

もうぶっちゃけて結論を言ってしまいますと、お酒を飲まずに過ごせるならそのほうが楽に痩せます。もちろんお酒以外にも食事内容や生活習慣などダイエットに影響する要因はたくさんあるのですが、太る原因になり得るお酒は飲まないほうがダイエットが楽なのです。

 

糖質制限中にお酒を飲むなら上手に飲まなければいけないのですが、糖質以外にもお酒には太る要素があるんです。

 

それが・・・

 

脂肪蓄積は促すくせに脂肪の燃焼は止まってしまうことです。

 

お酒

 

「今日も仕事頑張ったし、テレビを見ながら1杯いっとくか〜♪」と口にしたお酒の影響で、燃やされてほしい脂肪は燃えず、逆に増えるという恐ろしい事態になるわけです。

 

ちょっとくらい脂肪燃焼が止まっても・・・と思うかもしれませんが、1杯飲むと約4時間脂肪は燃えません。2杯目以降は約8時間もストップするので、1日の3分の1はダイエットが捗らなくなります。

 

なんでこんな事態になってしまうかというと、体はやっぱりアルコールの代謝が優先だからなんですよね。私たちは美味しく楽しく飲んでいるお酒でも、体にとってアルコールは毒素と同じなので早く体の外に追いやりたいんです。

 

だから飲みすぎてあまりに肝臓を疲弊していると、アルコールの代謝にもっと時間がかかることもあります。そうなるともっと脂肪が燃えない時間が増えてしまうんですよね・・・

 

お酒にはこんな側面もあるので、もし無くても他のもので満たせる方は飲まないほうがダイエットがイージーモードになります。

 

完全断酒が無理な場合に飲むべきお酒

 

そうはいっても「お酒は一日の楽しみなのに・・・!!」とお酒を心のよりどころにして過ごしている方もいらっしゃると思います。そんな愛するお酒に太らされないためには、飲むべきお酒を間違えてはいけません。

 

選ぶべきは「蒸留酒」です。

 

比較的低糖質なお酒

 

  • 焼酎
  • ハイボール
  • ウーロンハイ
  • 緑茶ハイ
  • ウィスキー
  • ジン
  • ウォッカ
  • 赤ワイン辛口

 

この辺の渋いやつを頼んでおくのがいいですね。
焼酎、ウィスキー、ウォッカなど蒸留酒は糖質が含まれていないので、糖質制限中には飲みやすいお酒なのです。

 

ちなみに糖質がダントツで高いのは梅酒などの果実酒です。1杯飲むだけで20g弱の糖質摂取になりますので、何杯飲んだか分からない日には恐ろしいことになってます・・・

 

付き合いで飲むけど何を飲んでいいか分からない方はハイボールかウーロンハイをいっときましょう。糖質を気にしている方は結構コレ飲んでます。

 

糖質オフ=太らないではないので要注意

 

最近だと糖質オフだとか糖類ゼロが全面に押し出されたお酒を見かけることが多くなりましたよね。ゼロだから太らないじゃん!ラッキー!と思いたいところですが、むしろこういう糖質オフ系のお酒のほうが太るというデータもあるのです。

 

100mlあたり2.5g以下であれば「オフ」0.5g以下であれば「ゼロ」と書いてもいいことになっています。オフやゼロという言葉に安心してしまって、余計にたくさん飲んでしまう方も多いのです。

 

こういうお酒は「無害だからもっと飲んじゃいなよ〜♪」と甘〜く誘惑してくるので、文字だけに踊らされちゃダメってことですね。

 

ビール

 

ここで覚えておかなくてはいけないのは、オフとかゼロとか言ってるのに本当はゼロじゃないってことです。普通のお酒よりは量が少ないものの糖質はちゃっかり入っているわけなんです。

 

だから当然たくさん飲めばそれなりに糖質を摂取することになりますし、アルコール代謝が優先さえるために脂肪燃焼のチャンスは減ってしまうわけです。

 

糖質制限中だから糖質オフを選べば安心というわけではないですね。重要なのは飲む種類と量です。

 

お酒を飲んでもなるべく脂肪に変えないためには?

 

会社の付き合いで長々と飲むことになったり、友達に誘われた女子会が糖質たっぷりワイン会だったりと糖質制限中でもピンチはやってきます。そんなときはやるべきこととやってはいけないことをしっかり把握して、脂肪に変わりづらくしちゃいましょう!

 

「飲んでもなぜか太らない女子」を目指すのです!

 

  • カロリーや糖質調整のために飲み会前後の食事を抜かない
  • お酒と一緒にお水やウーロン茶も頼んでおく
  • 次の日の朝はたっぷりのお水と糖質を必ず摂る
  • たんぱく質やビタミンなど栄養が摂れるものをしっかり摂る

 

これだけでも意識しておくと太りにくい飲み方に近付いていきます!

 

カロリーや糖質調整のために飲み会前後の食事を抜かない

 

よくやってしまう間違いが、夜は飲み会だから朝やお昼を抜いて調整しよう!というやつです。カロリー的には調整出来ているような気になりますが、食事を抜くと余計に太ります。

 

朝やお昼を抜いてしまうとお腹が空いている時間が長くなり、飲み会に参加する頃には血糖値はかなり下がってしまっています。そんなところにお酒や美味しいおつまみなど誘惑の多い場所へ飛び込めば、あっという間に血糖値が上昇。

 

脂肪を増やすホルモン祭りとなるわけです。

 

お酒と一緒にお水やウーロン茶も頼んでおく

 

最初の1杯を乾杯したら、お水かウーロン茶も隣にストックしておきましょう。1杯飲んだら、次はお水も飲む・・・というふうに水分もしっかり補給できるとアルコールも早く排出されます。

 

脱水した状態だとアルコールがうまく代謝されずにどんどん太りやすくなります。

 

水分もしっかり摂れば太りにくく、悪酔いせず、きれいに飲めるんですよ♪

 

次の日の朝はたっぷりのお水と糖質を必ず摂る

 

飲みすぎた次の日ってだいたいだるいですよね・・・起き上がる気にもなれなければ何かを食べる気にもなれないかもしれません。

 

でも起きたらお水と糖質を摂らないともっとヒドイことになります。体内に残っているアルコールをちゃちゃっと代謝して体を通常モードに戻すためには糖質が必要なのです。

 

ご飯やパンを食べるのがつらければフルーツでOKですよ♪

 

フルーツ

 

たんぱく質やビタミンなど栄養が摂れるものをしっかり摂る

 

ブランデーは糖質がないからブランデーばっかり飲んでればOK!と思ってしまう方もいるようですが、栄養不足は筋肉減少のもとになります。

 

飲んでいるときもたんぱく質を多めに他にもビタミンやミネラルが摂れるものを食べましょう。

 

お酒は冷たいので、内臓が活発に動けるように温かいものを食べれるとベストですね!

 

まとめ

 

糖質制限中でも飲めるお酒はもちろんありますので、飲むときはしっかり楽しんじゃってOK!ダイエット中だから自分だけお酒が飲めないのは悲しいですもんね。

 

ただし、いくら糖質の低いお酒でも飲みすぎれば脂肪が燃焼するチャンスは減っていきますので、飲む頻度は重要だと思います。

 

少しでも飲めばアルコールの代謝は始まってしまいますので、できれるだけ飲まない日を作れるのが理想です。飲むなら1日ご褒美の日を決めて楽しく飲めるのが太りにくい飲み方です。

 

なかなか成果が出ない・・・そんなふうに悶々した日々を過ごしている方はお酒が邪魔をしているのかもしれません。ぜひこれを痩せるきっかけにしてみてください!

page top