糖質制限ダイエットで痩せない理由

糖質制限をしてるのに痩せない理由が意外?一度はチェックすべし

糖質制限で体重は順調に落ちていますか?

 

私も糖質制限ダイエットを実践しはじめたときは、炭水化物を摂らなければ痩せるんだから、1か月目で5キロ、2か月目で10キロ、痩せてもおかしくないのでは?なんて考えてめちゃくちゃウキウキしていました。

 

でも現実は?

 

 

全然体重減ってないやん!!むしろ太ったんじゃないの!?と発狂する時期がありました(笑)
毎日食べるものを考えて、もっと効果が出てほしいから運動もしてみたりして、そして痩せたかなー♪と心の中は期待感満載で体重計に乗っていました。

 

足がタニタの体重計にぴたっと触れたとき、そして勇気を出して体重計の数字を見た時、その数字が痩せとは逆のほうだったときの絶望感と来たら・・・・・

 

 

増えた数字は筋肉が増えたから!とごまかしきれないほど、ずっと体重が減っていかないと不安になってきますよね。
私もそういう時期がありました。

 

 

糖質制限ダイエットをしていても痩せないときにやるべきことは、毎日10キロジョギングすることでも、三食豆腐に置き換えることでも、腹いせにアイスクリームをたらふく食べることでもなかったんです。

 

ダイエットのスランプを抜けるには痩せない理由をきちんと考えて見つけ出すことです。
意外とうやむやにして“なんとなく”痩せないなぁと嘆くだけで終わっているパターンはよくあります。

 

 

ダイエットでのスランプを切り抜けるために、糖質制限で痩せない理由をチェックしていきましょう!

 

 

痩せない理由は食事と生活習慣にある

 

ダイエット成功には8割食事が影響していると言われています。
食事以外の要因は残りの2割しかないのです。

 

つまり半分以上影響力を持つ食事が体にとって正しい内容でなければどんなに他で頑張っても痩せていかなんですね。
毎日一駅分歩くようにしても、夜ご飯がコンビニのメロンパンで痩せないのはそういうわけなんです。

 

 

糖質制限をしていても痩せない理由は食事内容にあるかもしれません。

 

いつの間にかこんな食事になっていませんか?

 

糖質制限ダイエットの食事

 

カロリーを制限しすぎている

 

ダイエットを始めた以上、カロリーはどこまでいっても気になりますよね。
でも、基礎代謝以上にカロリーを制限していると自分の思惑とは反対に痩せなくなってしまうのです。

 

基礎代謝はベッドでゴロゴロしていても消費されるカロリーなので、基礎代謝以下の摂取カロリーにすれば痩せそうな気がします。

 

でも、体はカロリー不足で倒れちゃわない?と心配になって、せっせと代謝を落としてしまうんです。

 

 

体が飢餓感を覚えるようなカロリー制限は痩せない体を作ってしまうだけです。
摂りすぎている糖質をカットすることは健康的に痩せるために必要なのですが、痩せたことに気分をよくしてカロリーまで制限しないように気を付けましょう。

 

脂質が不足しすぎている

 

昔を思い出してみると、女子同士の会話でお肉とか揚げ物なんて食べたら太っちゃうーー!なんて騒いでいたように思います。
昔はそれが常識だったかもしれませんが、今では油は摂らないとダメです。

 

油はデブになるからと避けすぎていると、便秘になったり、カロリー不足で代謝がぐんぐん落ちてしまいます。

 

 

何度も使いまわされているフライドポテトの油や菓子パンに入っているマーガリンなどトランス脂肪酸は取るべき油ではないのですが、アマニやオリーブオイルなど良質な油は血糖値を上げないので、痩せるためには意識して摂りたい食品なんです。

 

夜に満腹になるまで食べる

 

夜は誰でも一日の解放感からたくさん食べてしまいがちですよね。
夜に食べる炭水化物は格別に美味しいですし、ダイエットモードもオフになりやすい時間帯です。

 

毎日毎日夜にお腹いっぱい食べてしまうとせっかく朝、昼で制限をしても夜に摂った糖が使い切れずに余ってしまいます。

 

体内であふれた糖はきっちり脂肪として蓄えられて、体をむっちりと大きくしてしまいます。

 

前よりお肉が乗ってスカートが入らなくなってきた・・・・となる前に、寝る前はできればお腹が空いているくらいがベストなのです。
(私の場合はゆるい糖質制限でも、夜空腹で寝るとしっかり痩せ効果がありました!)

 

チートデイが多すぎる

 

ダイエットってはじめてしばらくすると自分に甘くなってきたりしませんか?

 

最初は張り切ってしっかり糖質量を調べて計算して管理していたのに、最近じゃご褒美スイーツが多い・・・・とか。

 

低糖質なのにそうじゃないスイーツと変わらないデザートもたくさん増えてきています。
低糖質に甘えて食べだしたら止まらないなんてことを繰り返していると、糖質過多で脂肪が作られやすくなります。

 

最近チートデイが多すぎてチートじゃなくなってたりしませんか?

 

チートデイ

知らないところで糖質を摂っている

 

糖質がたっぷり含まれているのは甘いお菓子やご飯などの炭水化物ですよね。
でも、そのほかにも隠れて意外と糖質が含まれている食材はあるんです

 

春雨などの低カロリー食材は糖質が多いので、実はダイエット向きじゃないのです。

 

他にもケチャップやイモ類、根菜など糖質多めの食品をちょこちょこ摂っていると以外とチリツモ効果で糖質過多になっていたりするもんです。

 

特にダイエットをはじめてから時間が経ってくると気が緩んでくるので、糖質をチェックする目も甘くなりがちです。
糖質が多い加工食品ばかり食べていないかもう一度振り返ってみましょう。

 

糖質を制限しすぎている

 

糖質制限ダイエットをしている方の中には厳しく糖質は排除するように気を付けている方もいるようです。
私も最初は血糖値を上げないために糖質はなければないほどいいと思っていたのですが、痩せるために糖質はゼロではいけないことが分かりました。

 

脂肪を燃焼するときも筋肉を生成して筋肉量をキープするためにも糖質がないとできないのです

 

夜寝ているときまで溢れるほどの糖質は制限しなければいけませんが、すべて主食を抜くほど糖質制限をやりすぎるのはかえって痩せません。

 

制限のしすぎはリバウンドするはめになり、そこからまた痩せるのはもっと大変です。
糖質制限ダイエット=糖質ゼロにするわけではないですよ!

 

ダイエットを失敗させる生活習慣の乱れ

 

ダイエットは食事面の影響が大きいので、食事内容を改善することは絶対に必要です。
でも、2割といえども生活習慣もダイエットに影響を与えています。

 

この2割が意外と大きくて、食事への意識がきちんとできても、生活習慣がボロボロだとすんなり痩せていかないのです。
車でいうとアクセルを踏みだしたのに、同時にブレーキも踏んでいるものですから、全然前に進んでいかない・・・・じれったいですよね。

 

 

そこで痩せない理由になる生活習慣を見ていきたいと思います。

 

睡眠不足

 

睡眠不足が続いている

 

疲れやストレスを解消する一番の方法は睡眠だと言われています。
つまり飲み会でパーッとするより、ブラブラ買い物に行くより、チョコレートをむしゃむしゃ食べるより、寝るのが一番!というわけなんです。

 

そんな睡眠が不足した状態が続くとホルモンバランスが崩れ、食欲もおかしくなります。
お腹空いていないのに何か食べたいという変な食欲、経験したことはありませんか?

 

しかも眠いのに寝れない状況というのはかなりのストレスだと思います。
ストレスが溜まりすぎると体がリラックスモードに切り替わらないため、睡眠の質が悪くなり悪循環なのです。

 

痩せたくても痩せないときは1時間でも早く寝ることをまず考えましょう!

 

強いストレスがかかっている

 

仕事で多忙な時期が続いたり、嫌なことがずっと重なったりして強いストレスで弱っているときは注意です。

 

適度なストレスは必要なので問題ないのですが、強いストレスを受け続けているとストレスホルモンがたくさん分泌されて、せっせと脂肪が作られてしまうんです。

 

コルチゾールと呼ばれるホルモンは食欲を抑えるホルモンの分泌を抑えてしまうため、わんさかクッキーやらポテチやらチョコレートが食べたくなるわけです。
またやっかいなことにストレスを受けてせっせと働いている脳のために、筋肉を分解してまで糖を送ろうとします。

 

そして余った糖はもちろん脂肪となってブヨブヨなお腹や二の腕になってしまうのです。
ストレスが溜まった上に筋肉も少なくなって、脂肪も増えるなんてコルチゾールは恐ろしいホルモンなのです。

 

なるべく分泌させないようストレスと上手く付き合う工夫がいりますね。

 

ダイエットとリバウンドを繰り返して代謝が落ちている

 

今まで何度もダイエットしてはリバウンドをしてきたダイエッターさんもいるのではないでしょうか。

 

リバウンドはせっせと減らしてきた体重がパーになってしまう気がして悲しいものですが、それ以上に代謝が落ちていることはもっと問題です。

 

リバウンドはダイエットで無理しすぎという体からのサインなので、無理した分がっつり代謝は落ちてしまっています。
リバウンドしてからまた痩せる体質に戻すには時間がかかります。

 

半年以上かけて体質を戻すつもりで糖質制限をしていきましょう。(20分程度の筋トレもできるとベスト)

 

まとめ

 

糖質制限ダイエットをせっかくはじめたのになかなか痩せないと体質や年齢のせいにしたくなってしまいますが、もっと身近なところに理由がころがっていることがあります。
どんなダイエットでも脂肪を減らすためには、食事と生活習慣の改善は外せません。

 

一つでもこれかな?と思い当たるポイントがあれば、糖質制限をしつつ変えてみましょう。

 

  • カロリー制限
  • 脂質不足
  • 夜の食べ過ぎ
  • チートデイが多すぎ
  • 無意識にに糖質摂取
  • 過剰な糖質制限
  • 睡眠不足
  • ストレス過多
  • 基礎代謝の低下

 

停滞期を迎えている場合は今まで痩せたやり方をそのまま続けるとまた痩せてきます。
私も何度も停滞する時期を迎えましたが、痩せない!痩せない!と焦るより改善した食事と生活習慣を守っていればまた痩せていきました。

 

糖質制限ダイエットで行き詰っている方はぜひ参考にしてみてください!

page top